「あの時怖かった」と口にできたら、解放感が溢れ『青空が綺麗だ』と初めて感じた

輝き・可能性コーチの相澤です。

20年近くパニックやうつを繰り返してきた方が、
おっしゃったことです。


怖い思いをしたことを、

「考えないようにしよう」
「怖いのは勘違いだ」
「言ったら変だと思われる」 と、

「怖い思いをした自分」
を認識してしまうことに、
恐れを抱いていたようです。


しかし、あることがきっかけで、
「あの時怖かった」と口にすることができました。

些細なことのようですが、
この方にとっては、
「私はあの時、怖かったんだ」 と
素直に吐き出せたことで、
恐れがあってもいいのだと、
自らの恐れを肯定できたのかもしれません。

それを口にできたことの、
この方の解放感と悦びや安堵感は
計り知れないものがあったようです。


そしてその後、

「空が綺麗なんて、これまでの人生で一度も思ったことがなかったけど、
青空が綺麗だと初めて感じて、自分で驚きました!」 と、

早く言いに来たかった!と、悦びの体験をシェアしてくれました。

それはおそらく、自分の中に押し込めていたものを解放し
自分の中の美しさに気づいたことだとも、
言えるかもしれません。

人は、「今の気づき」のために、
辛い体験、苦しい体験を創ってきているとも言えるかもしれないし、
その体験があるからこそ、
かつて体感したことのない「感覚」を得られるのかもしれません。

 

静岡県富士宮市 
悩みや辛い体験から、自分の輝きを見つける!
「ジブン輝き」コーチング(心理カウンセリング)
輝き・可能性コーチ 相澤

 


セッションのご相談はこちらからどうぞ!

新規ご予約は下のボタンから!
新規ご予約

お電話でのお問い合わせはこちら!
070-5334-5727

info.shin2seitai★gmail.com(★→@に変更してください)
こちらのアドレスに直接お問い合わせいただいても大丈夫です!

関連記事

  1. 本当は、「ありのままの姿」を認め合いたい!

  2. ウイークポイントこそ自分の強み

  3. 頼ることを良しとしなかった自分が、人に頼った時「体が楽になる…

  4. 『逃げちゃいけない』という「信念」の奥にあった、本当の想い

  5. 男だって、涙を流してもいい、悲しんでもいい、それを誰かに見せ…

  6. 悲しみを感じきることで「ケリがつきました」

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

電話で予約をする!