誰かに心地悪さ(不快感)を感じたら、自分のどんな心地悪さ(不快感)を思い出しているのか?

 

輝き・可能性コーチの相澤です。

今日は、非常にご相談の多い
「誰それのここが不愉快!許せない!」
のお話です。

もし今、あなたの目の前に

・ここが非常に気にくわない・腹が立つ
・あんな言動は許せない・ありえない
・こうするべきでしょ!?

という思いが沸々とわく人がいるのであれば、、、
それはチャンス!です。

なぜなら、

・あなた自身が楽になれる
・相手を変えたり、価値観を押しつけ合うことなく、許せるようになる

からです。

 

あなたが、誰かに心地悪さ(不快感)を感じるのは

「あなたの中にある、心地悪さ(不快さ)」

を「思い出している」からです。

つまり、他者の問題ではなく
あなたのことなんですね。

(そんなことはない!と反発もあるでしょう^^;)

さて、
あなたの目の前に、上記のような人がいるのであれば
まずは、ご自身に置き換えることを
やってみるといいかもしれません。

主に三つです。

1)その不快なことで、自分が強く握りしめているルールや価値観は何か
2)「〇〇(不快な事)をする・できない自分」がダメ・嫌・許せない・ありえない
3)「〇〇(不快な事)をされる・されない自分」がダメ・嫌・許せない・ありえない

さらに、それらのことで
4)そのことで、どんな自分の一面を認めたくないのか?
5)そのことで、どんな自分であることを見たくないのか?

をチェックしてみてください。

例えばこんな感じです。

「約束を破る奴はサイテーだ!」

1)約束は破ってはいけない
2)約束を破る自分はありえない・許せない(破りたくても破ることができない)
3)約束を破られる自分が嫌だ(守ってもらえなくて悲しい)

4)約束を破るなんて、そんな自分はサイテーだ、人に嫌われてしまう
5)約束を破られる自分は、大切にされていない、価値がない

というような感じです。

不快感や恐れがあるのであれば
それを手放すチャンスですよ!

ただのルールであり、思い込みです。

そして仮に、もうこれらの思い込みを手放したいのであれば、
「本っっっっ当に」
あなたが望んでいることが、必ずあります

その望んでいることが
いかに常識外れだろうが、
ありえないことだろうが、
あなたが少しでも、楽な感じや、心地よさを感じるのであれば
それがあなたの「望み」です。

もし、目の前に不快な人がいるあなた、
相手は鏡と思って
ぜひ、取り組んでみてください。

 

静岡県富士宮市
悩みや辛い体験から、自分の輝きを見つける!
「ジブン輝き」コーチング(心理カウンセリング)
輝き・可能性コーチ 相澤


セッションのご相談はこちらからどうぞ!

新規ご予約は下のボタンから!
新規ご予約

お電話でのお問い合わせはこちら!
070-5334-5727

info.shin2seitai★gmail.com(★→@に変更してください)
こちらのアドレスに直接お問い合わせいただいても大丈夫です!

関連記事

  1. 自分と相手との境界線がなくなる時

  2. 【目の前の結果へのこだわりを手放すこと】

  3. 【言葉と感覚が一致することが力を持つ】

  4. 「望まないこと」は「望んでいること」を知るチャンス

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

電話で予約をする!