自分にとっての、大切な怒りのエネルギー

輝き・可能性コーチの相澤です!

いつも怒られてしまう
責められてしまう
どうしてあなたはそうなの!?
そんなんじゃ、やっていけるわけないでしょ!
変わりなさい!

そんな風に、言われて続けて、しんどくなってしまった…
思い出すだけで苦しくなる…
そしてそのうち、
相手のことが恐ろしくなってしまい、
身体に症状が出てきてしまう、、、

そんなご相談がありました。

 

「きっと相手が言っていることは正しいんだろう」
「この人たちも苦労してきたんだ」
「私のために言ってくれているんだ」
「私が変わらなきゃいけないんだ」

 

そんな風に、考えてしまうことで
自分をますます苦しい状況に
陥ってしまっていたそうです。

 

そんな時、まずは

「わたしが感じていた本当のこと、思ったこと」

を素直に
「そうだよね」と
自分がその感情を抱いたことに
気づいてあげることが、
大切になるかもしれません。

 

もしかすると

色々言われて心底辛くて
本当は「私のために言ってくれてる」なんて
思いたくないのかもしれない

自分の状況をわかってもらえず
寂しい思いをしているのかもしれない

なんでそこまで言われなきゃならないのかと
本当はムカついているのかもしれない
怒りたいのかもしれない

本当は「あなたの価値観を押し付けるな!」
突っぱねたいのかもしれない

自分の感じたことをうまく表現できない
そんな自分を責めていたのかもしれない

色々ありそうです。

 

つい私たちは
相手の状況や、関係性を考慮・優先したり
正しさや正解のようなものを
優先しがちになることも多いです。

もちろんそれが悪いことではありませんよね。

むしろそれが
素敵な自分だけの輝きを放つための、
大元の部分を、見つける手がかりにも
なるかもしれません。

 

今回ご相談があった方の場合は
本当は怒りたい!
怒りのエネルギーを出したいようでした。

 

過去を遡ると、
表現しきれなかった自分の感情が
たくさんあったようです。

 

そして
「今」自分が感じていることを

素直に受け取っていい
怒ってもいい
怒ることは何の悪いこともない

そんな自分でもいいとわかり
少しでも実行していくことで

 

その怒りのエネルギーの力強さ
自分にとって大切な感情なんだ
気づける感覚を得られるかもしれません。

 

そして、
上澄みの怒りのエネルギーが
濁ったガソリンのように燃焼され
その奥にある、もっと大切なものが見えてくる
かもしれません。

 

どんな感情も
あなたを支えてくれる
大切なエネルギーだと気づけることができます。

そうすると
どんどん楽になっていくかもしれません!

関連記事

  1. 『逃げちゃいけない』という「信念」の奥にあった、本当の想い

  2. 男だって、涙を流してもいい、悲しんでもいい、それを誰かに見せ…

  3. セッションのご感想/20代女性

  4. 「あの時怖かった」と口にできたら、解放感が溢れ『青空が綺麗だ…

  5. ウイークポイントこそ自分の強み

  6. じわじわ浸み出る幸せの感覚/セッションのご感想50代女性

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

電話で予約をする!