自分と相手との境界線がなくなる時

不調や病気、人間関係の不和を
紐解いていくとき

誰かとのイメージの中での対話で
癒されていくことがあります

その相手と
制限なく、沸き起こる思いを
素直にどんどん伝え合っていくと

「自分と相手との境目がなくなる」

感覚が生まれてきたりもします

例えば

相手に求めていたことは
相手にしてあげたかったことだと
気づけるかもしれません

許しがたい思いがあったのであれば
本当はそんな自分を許したかったのだと
そして相手も同じ思いを持っていたのだと
気づくのかもしれません

その時初めて

自分と相手が望んでいた
共通の思いにたどり着けたりもする

それは心が温まるような思いでもあり
力が溢れ出し
症状や人間関係の不和を終わらせていったり
自分が現実を創っていく
原動力になっていくようです

 

関連記事

  1. 【目の前の結果へのこだわりを手放すこと】

  2. 誰かに心地悪さ(不快感)を感じたら、自分のどんな心地悪さ(不…

  3. 「望まないこと」は「望んでいること」を知るチャンス

  4. 【言葉と感覚が一致することが力を持つ】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

電話で予約をする!